子どもの成長を体感中間だ

小児がこの春小学生に入学しました。
午前は民族登校で、我が家の近くの詰め所から1年生から6年生までみんなで行くので安心なのですが、帰りは大方1年生だけ。
行きがけまではお友だちと一緒でも、離れたのち適切寸法を自らあるくことになります。
一先ず防犯ベルを持たせていますし、おっきい経路をあるくので周囲もあるし、滅多なことは起こらないというのですが、むしろ心配で…
少なくとも4毎月の間は行きがけまで迎えに行こうとしていたのですが、入学ウィーク目にして当事者に「来なくて素晴らしい」と言われてしまいました。
今は自らきちんと帰ってきていらっしゃる。
でも、これからゼミナールを出た間かなとか、現下あの近辺を歩いているかなとか、帰って来るまではほんのりドキドキしながら待っています(笑)
それほど近くを見ない輩なので、車にぶつかってないかとか、プログラムを間違えてないかとか、何だかんだ考えてしまって… 過保護なんでしょうか?
出掛ける時はいつも手段をつなぎたがる甘えっ子だと思っていたのですが、こういう短期間で物凄く成長したような気がします。
いつの間にかお姉さんになっちゃって、好ましいようなうら淋しいような、甚だ複雑な感覚…
育児していたらこれから先も、何度もこの感覚を行うんでしょうね。このサイトがおすすめ