愛犬の避妊の執刀を通してきました。

今日は、愛犬の手術の太陽でした。
我が家の愛犬はポメラニアンの少女だ。
子宮をとるかどうか、悩みました。もしものことがあったら、麻酔からまぶたが覚めなかったらといった
不安もたくさんありましたが、ダディーともカウンセリングちびっこを産ませる予定はないので病魔のリスクが
鎮まるならと決意をしたのです。
前夜から絶食のまま病気へいきました。
説明を聴き、夕暮れに面会できるということでダディーという購入をしたりして
時間が経つのを待っていました。
も、何だか落ち着かなくて見まがうのは愛犬のことばかりでした。
正午ご飯を食べている時に、病院から呼びだしがきました。
何かあったのではないかと、ドキドキしながら呼びだしにでると、乳歯がのこっているので
一緒に抜いておきますとのことでした。
はぁ、感嘆・・・。
夕暮れになり、面接に行くって医師から「安全終わりましたよ。」とニュースをうけ摘出した子宮を
見せてもらいました。
愛犬は、なんだか麻酔の反響もあるのかぼーっとしていましたが私たちの容姿を見るとしっぽを
ふってケージの寸前まできて、手立てをペロペロしてくれました。
意外にも精力そうな愛犬の容姿にさっとホッとして病院を先にしました。
2泊3太陽の入院なので明後日おむかえにいってくる。
2泊も離れた企業ないから安泰かなと心配ですが、医師を信じて待ち受けたいと思います。
も、淋しいから短く家に帰ってきてほしいだ。http://xn--lineid-ge4exogbzc0vwro117b9fxa9umuqo041drlcq13j.xyz/